地球で働くお笑い芸人のブログ

お笑いコンビ『ワラジェニック』佐藤の、日常と雑文

‟非リア充”と呼ばれる仲間たちに覚えておいて欲しい、たった1つのこと

お疲れ様です。まちゃめちゃくちゃです。

 

 

 

今日は、世間からリア充と呼ばれている僕の仲間たちに、たった1つだけ伝えておきたい、大事なことを話したいと思います。

 

 

 

クリスマスが近づいてきており、リア充とのやり取りが増加している今だからこそ、話しておきたいことです。

 

 

 

最近、あなたたちの中で「本当にリア充を憎んでしまっている」人たちが見受けられるように思います。

 

 

 

SNSなどで、イルミネーションに群がるリア充の行為をネガティブな意見と共に発信するなど、業務が増加していることは容易に想像できます。

 

 

 

しかし、業務に追われるあまり、本質を、大事なことを、忘れてしまっているのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

われわれ非リア充は本来、リア充に対して常に感謝の気持ちを抱いておくべきなのです。

 

 

 

 

分かりにくいと思いますので、もう少し具体的に説明しましょう。

 

 

 

  

 

 

ゴルギアス、プルタゴラスといった哲学者によって主張された相対主義の考え方にもとづくと、世界の諸要素は、その他の複数の要素や見方と相対的関係にあって初めて存在することが可能です。

 

 

 

例えば、背が高い人は、彼よりも背が低い人がいなければ存在しえない。

 

逆に、背が低い人も、彼より背が高い人がいなければ存在しえない。

 

 

 

つまり、われわれ非リア充は、リア充がいなければ、そもそもこの世に存在すらできなかったのです。

 

 

 

 

確かにビジネス上では「爆発しろ」など過激な発言をしたり、呼び捨てるのがマナーかもしれません。

 

 

 

 

しかし、一度業務から離れた場合、さん付けや様付けで呼ぶのが正しい行動なのではないでしょうか。

 

 

忙しい今だからこそ、肝に銘じておいてください。

 

 

 

 

 

 

「われわれ非リア充は、リア充に対して感謝の気持ちを抱いておくべきなのだ」と。

 

 

 

 

 

 

 

 

長くなりましたが、最後です。

 

 

 

みなさんの中でリア充に転向したいという者も一定数おり、その気持ちが正常な気持ちや行動を妨げてしまっていることも理解しています。

 

 

 

 

そんな方は、下記の図を参考にmust=やるべきこと」「want=やりたいこと」「can=できること」をしっかりと洗い出し整理しておくと良いでしょう。

 

 

 

 

 

f:id:macha_bookstore:20161209190556p:plain

 

 

 

 

このへん!!と書かれた3つの項目が重なる部分に取り組むことが、パフォーマンスを向上させるコツだと言われています。

 

 

 

 

 

あなたのwantは確かにリア充かもしれません。

 

 

 

 

 

しかし、果たして本当にCanなのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

参考までにお伝えすると、僕はもうWantすることすら諦めています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご清聴ありがとうございました。