地球で働くお笑い芸人のブログ

お笑いコンビ『ワラジェニック』佐藤の、日常と雑文

恋が苦手な男子のための慣用句/ことわざ辞典

 

 

お疲れ様です! ワラジェニックの佐藤(まちゃめちゃくちゃ)です。

 

 

突然だけど慣用句とか、ことわざって知ってる?

 

 

そう、「石の上にも3年」みたいな、教訓や知識を学ぶことが出来る、古くから言い伝えられてきた言葉のことだよね。

 

 

先人たちが残してくれたそれらは、確かに的を得ていて非常に役に立つものばかりだ。

 

 

 

 

でも、一つだけ欠点があると思う。

 

 

 

 

 

うん、そうだね。恋愛偏差値が低いメンズに向けた教訓が全くないんだ。

 

 

 

 

俺たちはこんなに日々辛い気持ちを抱えているのに、だぜ?

 

 

 

 

恋が苦手な女子はかわいいと判断されることもあるけど、恋が苦手な男子はゴミクズと同様の扱いさ。ドブネズミなのに美しくないんだ。リンダリンダ出来ないんだ、分かるだろ?

 

 

それなのにどうして、この世には恋愛偏差値が低いメンズに向けた救済措置が少ないんだ?

 

 

 

というわけで今日は特別に、年齢(26歳)=彼女いない歴の僕が今までの経験を活かし、恋が苦手な男子のために慣用句やことわざを変換していきたいと思う。

 

 

これらをしっかり学ぶことによって、日々の恋愛のショックを和らげることが出来るだろう。

 

 

今回用意してきたのは5つだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

①可愛い子には旅をさせよ

 

 

①可愛い子にはドタキャンさせよ

 

【意】

女性をデートに誘うことが出来たとしても、当日になるとなぜか体調不良などを理由にドタキャンされる可能性が高いので、しっかり心の準備をしておきなさい、という教え。

 

 

 

 

 

②隣の芝生は青い

 

 

②隣のLINEは既読

 

【意】 

自分は女子にLINEを送ってもなかなか既読にならないのに、他の男子が送るとすぐ既読になっている予感がすることのたとえ。大抵その予感は的中している。

 

 

 

 

 

③月夜に提灯

 

 

③月夜に消沈

 

【意】

どうせヤレないんだから、明るい月夜に落ち込んでも仕方ないよ、という教え。どうせヤレないんだから。

 

 

 

 

 

④敗軍の将は兵を語らず

 

 

④敗軍の将は性を語らず

 

【意】

ヤレなかった男の言い訳ほど見苦しいものはないので、デートの結果は何も語ってはならないという教え。

 

 

 

 

 

⑤風雲急を告げる

 

 

⑤童貞急を告げる

 

【意】

「まぁ俺たち童貞だもんな」と語っていた友人が卒業のチャンスを手に入れそうで、不安になってきた状態

 

 

 

 

 

 

 

以上だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あれ?

 

 

 

 

 

 

 

 

泣いているのは、私?

 

 

 

 

 

 

 

-完-