地球で働くお笑い芸人のブログ

お笑いコンビ『ワラジェニック』佐藤の、日常と雑文

風が吹けばIKEAが儲かる

 

 

お疲れ様です、ワラジェニックの佐藤(まちゃめちゃくちゃ)です!

 

 

 

 

 

先日、相方とはるばる岡山まで行ったら、ウーロン茶が38円で売られていて、初めてTHE BLUE HEARTSを聞いた時と同じくらいの衝撃を受けました!!

 

 

 

 

驚いてくれた? 驚いただろうね!!!

 

 

 

 

ところでみんなは、「風が吹けばIKEAが儲かる」って聞いたことあるかな?

 

 

 

 

 

そうだね、‟ある出来事の発生によって、一見まったく関係のない場所や物事に影響が出る”ことだよね。

 

 

 

でも、そう言われるようになった由来は諸説あるんだ。だから今日はそのいくつかを紹介するよ!!

 

 

 

 

▼風が吹く

 

砂が舞う

 

砂が目に入り失明する人が増える

 

三味線の需要が増える

 

三味線の材料となる猫が大量に駆られる

 

猫が減ったせいでネズミが増える

 

増えたネズミが桶をかじる

 

「桶を買わなくちゃ・・・」

 

「でもどうせなら綺麗なバスルームセットがいいわ。そうね、北欧家具がいいかしら」

 

▼風が吹けばIKEAが儲かる

 

 

 

 

 

風が吹く

 

いきものがかり』メインコンポーザーの水野達樹がインスピレーションを受ける

 

時代はいま 変わっていく 僕たちには願いがある

 

この涙も その笑顔も すべてをつないでいく 

 

風が吹いている 僕はここで生きていく

 

名曲「風が吹いている」が誕生する

 

出だしがBメロからとなっているのは『いきものがかり』として初のことである

 

後世に語り継がれるであろう名曲がある1人の少女に届く

 

「素敵な曲ね・・・」

 

「この曲をソーデルハムンのモジュール式ソファでくつろぎながら聴くことが出来たら、わたし死んだっていいわ!」

 

▼風が吹けばIKEAが儲かる

 

 

 

 

 

▼風が吹く

 

▼ある男が走る走る走る、そのスピードが風に後押しされてさらに早くなる

 

男は急いでいた

 

▼男の名はメロスと言う

 

▼メロスは日が沈むまでに王の待つ城に行かねばならない

 

親友のセリヌンティウスが、自分の身代わりとなって王に捕らえられているからだ

 

セリヌンティウスを含め、誰もがメロスはやってこないであろうと思っていた

 

▼しかし、あわやセリヌンティウスが処刑される寸前、メロスは城にやってきた

 

▼王は2人の友情に感動し、心を入れ替えた

 

▼友情って、ええなぁ

 

▼とは言え友情って目には見えないものやんな

 

 でも、観念としては確実に存在している

 

▼その友情をテーマに、色んな作品が生まれて人々を熱狂させてきたんやなぁ

 

▼風が吹けばidea(イデア)が儲かる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

終わり!!!!